ミトコンドリアを活性化させる事とミトコンドリアを減らす行為

ガンの話で必ずと言ってよいほど出てくるのがミトコンドリア。 ミトコンドリアの主な仕事はエネルギー産生です。一説にはエネルギーの90%以上はミトコンドリアが作り出していると言われます。 ミトコンドリアがエネルギーを作り出すには、ブドウ糖から作る解糖系と脂肪から作り出す2種類があります。 解糖系よりも脂肪酸から作り出すエネルギーのほうが3倍以上もあります。 解糖系できちんとエネ

続きを読む

昔の3分の1しか腸内細菌がいない、これがあらゆる病気の根源

このサイトでは腸内細菌の重要性を何度か書いてきましたが、藤田紘一郎先生の話を記事にしたいと思います。 藤田紘一郎先生と言えば腸で有名な先生です。 現代人は50~60年前の人の腸内細菌の3分の1程度しかいないそうです。これがガンはもちろんアレルギー等のあやゆる病気の根源になっているという先生もいます。 私もいろんな本を読んでみると、これは非常に納得できます。 例えば、ノロウイ

続きを読む

糖化を予防して、ガン、炎症、老化を予防するシンプルな方法

端的に言うと、糖化とは体内で急激に血糖値があがるとタンパク質が余分な糖と結びつき老化を早める事です。 一般的には女性が肌のたるみ、シワなんかを気にして糖化を意識する事が多いようです。タンパク質と結びつきますので糖化が顕著にわかるのが肌の老化、つまり、肌のたるみやシワとなって現れるわけです。 いうまでもなく、体の大部分はタンパク質で構成されていますから内臓、脳等の重要な部位も糖化により老

続きを読む

主食を穀物中心にした食事にしないと絶対長生きできない

この考えは長寿研究、ガンを食事療法で治す、森下先生の考えです。 ガンの食事療法、そして、70回近く長寿郷を訪れた結果、穀物(炭水化物)を中心とした食事にしない限り絶対長生きはできないという考えに至ったようです。 ステージが高いガンの食事療法でも玄米は食べさせるようです。 長生きするという事はガンその他の慢性疾患、生活習慣病にかかっていないという事ですので、ガン予防の観点からも非常

続きを読む

肉食中心が体に悪い理由、加工肉は今すぐやめるべき

ガン予防、ガンにかかった時の食事療法等で必ずと言ってよいほど言われるのが、肉、動物性タンパク質の害です。森下敬一先生に至っては肉が最凶の発がん物質とまで言っています。 ではなぜ、そんなに肉が体に悪いのか?というと肉食そのものが人間には適さないという事になります。 草食動物が毎日肉を食べていれば肉を消化する機能がない、もしくは未発達ですから健康上問題が生じるはずです。 戦後、日本人

続きを読む

現代食の特徴から考えるサプリメントの選び方

サプリメントは飲んでも意味がないとかいう人もいますが、実際アメリカや日本でもサプリメントを病気の治療に使ったりする医者もいます。 私自身現在3~4種類のサプリメントを飲んでいます。前までは気休めで飲んでいましたが、ガン予防の事を真剣に考えるようになってからは必要だと思い飲んでいます。 そして、個人的には効果を実感しているので続けています。 サプリメントを選ぶ基準としては、当然高品

続きを読む

寿命、ガンなどは遺伝より生活習慣の影響が大きい

私はもそうですが、身内にガンにかかった人がいるとガンのほとんどが遺伝と思いがちです。 ちなみに、私の場合は母親が20代でガン、父親が40代半ばでガン、父親の父親(父方の祖父)は30半ばでガン、父親の妹は20代でガン、その父の妹の子供が30歳でガン。母親の姉の子供も30歳くらいでガン・・・。 身近で若年でガンにかかった人をピックアップしただけでも、これだけガンにかかっている人がいます。

続きを読む

カロリー制限(小食)は今から始めても寿命を延ばす効果あり!

カロリー制限(小食)の実験は生まれたて個体で行われる事がほとんどだと思います。 小食が健康面全般、そして、寿命を延ばす事に効果絶大な事はわかっています。 では、我々が今その事を知ったとして今からカロリー制限、小食、ファスティングをはじめて効果があるのか?という疑問が生じると思います。 結論から言うとカロリー制限、小食はいつから始めてもほぼ同じ効果が得られるという事になります。

続きを読む

整腸作用には欠かせない発酵食品で腸活のススメ

おそらく、健康な腸の状態を保っていれば、ほとんどの病気の予防ができると思います。また、仮にガンやその他の病気に罹った時でも整腸は欠かせません。 整腸のために欠かせないのが発酵食品です。確かに、発酵食品が良いのはわかったとしても一番重要なのは継続です。 以前記事にも書いたと思いますが、腸内細菌は数日で死滅して便として排泄されます。便の大半は菌の死骸と言われるほどです。 つまり、数日

続きを読む

食生活の変化からわかる一目瞭然に重要なモノとは?

ここ50から60年で日本人の食生活は一変しました。それに伴い欧米人特有の病気が激増したことは周知の事実です。 大腸ガン、肺ガン、乳ガン、子宮ガン、前立腺ガン、すい臓ガン、食道ガン等のガンをはじめ、戦前にはほどんど存在しなかった心筋梗塞、終戦後は数百人しかいなかったとされる糖尿病、その他にも脳梗塞、高脂血症などそれまでの日本人にはあまりなじみのない病気が激増しました。 これには食の欧米化

続きを読む

フンザ食からわかる健康長寿に必要な食事とは?

パキスタンのフンザは長寿郷として有名です。フンザの食事と西洋の食事が動物にどのような影響を及ぼすかの動物実験があります。 フンザのような超長寿郷の食事は、慢性疾患にかかりにくい食事であるがゆえに健康で長寿を全うできることになります。 癌をはじめとした病気による死因の上位はすべて生活習慣の悪化による慢性疾患です。 となると、生活習慣病予防にはフンザ食が非常に参考になります。

続きを読む

腐らない食品(添加物)の怖さ

食品添加物と言っても、その役割は様々ですが最も多いのが品質保持のための防腐剤的な役割である事は間違いないでしょう。 安価に、そして腐らない食品をつくるという意味では防腐剤、保存料はメリットが大きいと思います。 食品添加物は厚生労働省の認可を受けているので一応短期間では害はないという事になってます。 ただ、問題はそれらの添加物を何十年摂取した時にどうなるのか?添加物の組み合わせによ

続きを読む