食生活の変化からわかる一目瞭然に重要なモノとは?

ここ50から60年で日本人の食生活は一変しました。それに伴い欧米人特有の病気が激増したことは周知の事実です。 大腸ガン、肺ガン、乳ガン、子宮ガン、前立腺ガン、すい臓ガン、食道ガン等のガンをはじめ、戦前にはほどんど存在しなかった心筋梗塞、終戦後は数百人しかいなかったとされる糖尿病、その他にも脳梗塞、高脂血症などそれまでの日本人にはあまりなじみのない病気が激増しました。 これには食の欧米化

続きを読む

悪玉菌が乳ガン、子宮ガン、前立腺ガンの原因になる

悪玉菌が増殖するという事は、腸内環境は悪玉菌優勢で善玉菌が劣勢、そして、日和見菌も悪玉菌になびいている状態です。 当然、腸内環境が悪いので血液は汚れるし、その汚れた血液が全身を巡り炎症箇所等がガン化する事は容易に考えられます。 つまり、腸内環境悪化そのものがあらゆるガンリスク増大の原因になるのは間違いと思われます。 しかし、今回の記事はそういったものではなく、悪玉菌が出すある物質

続きを読む