体は間違いを犯さない!ガンにも重要な役割がある

体の機能って本当にすごいな~と最近思うようになってきました。 それと同時にそんな賢い体が何で癌細胞という不要どころか有害極まりないものを増殖してしまうのだろうと不思議に思っていました。 そんな中、最近読んだ本に書いてあった森下敬一先生の考えが非常にしっくりきました。 それは癌細胞は血液の浄血装置という説です。 血液は体の隅々まで栄養を送る非常に重要な役割りを担っています。

続きを読む

ナチュラルハイジーンの実践に尽きる

ガンその他のあらゆる病気を根本から治そうと思ったらナチュラルハイジーンの実践が不可欠です。 様々な病気の食事療法がありますが、その理論の根幹はナチュラルハイジーンにあるはずです。 ナチュラルハイジーンとは約200年くらい前から提唱されている理論です。 体に十分な栄養、休息等を与えて、体に悪いモノは極力摂らないようにすれば後は勝手に健康な体になるという理論です。 約200年前

続きを読む