ナチュラルハイジーンの実践に尽きる

ガンその他のあらゆる病気を根本から治そうと思ったらナチュラルハイジーンの実践が不可欠です。

様々な病気の食事療法がありますが、その理論の根幹はナチュラルハイジーンにあるはずです。

ナチュラルハイジーンとは約200年くらい前から提唱されている理論です。

体に十分な栄養、休息等を与えて、体に悪いモノは極力摂らないようにすれば後は勝手に健康な体になるという理論です。

約200年前に提唱されたといっても、その起源は古代ギリシャのヒポクラテスまでさかのぼります。

「人間は体内に100人の名医を持つ」というヒポクラテスの名言はナチュラルハイジーンを端的に表現していると思います。

ナチュラルハイジーンの具体的実践は以下の通りです。

まずは野菜、果物をしっかり摂る。

ビタミン、ミネラル、食物繊維をしっかり摂る、そして重要なのが生で食べるという事です。

ビタミンが破壊されるのもそうですが、熱する事により酵素も死滅します。

つまり、整腸を意識した食事をとるという事になります。

発酵食品を摂るという事も整腸には欠かせないでしょうね。

発酵食品は善玉菌優勢には欠かせません。

発酵食品で有名な味噌、納豆なんかの植物性乳酸菌は胃酸に非常に強く生きたまま腸まで届くと言われています。

ただし、発酵に関わる微生物は60度前後で死滅するので酵素同様、極力熱処理はしないほうが良いでしょう。

ですから、私は味噌汁は食べずに、ネギ味噌にして、冷ましたご飯にかけて食べます。

納豆はご飯にかけずにそのまま食べます。

ナチュラルハイジーンでは休息も重要です。

この休息とは腸の休息も入ります。

ですから、1日2食、もしくは1日1食。

小食はミトコンドリアの活性、増殖にも非常に有効なのでメリットは大きいです。

そうなると、十分な栄養が摂れないので特にビタミン、ミネラルのサプリメントは必要という事で私は摂っています。

逆に極力摂らないほうが良いのは肉。

肉は消化が悪いです。腸に負担がかかりますし、酵素を大量に使います。

ただ、何事もバランスが必要だと思います。

野菜、果物をしっかり摂って酵素を補充すればある程度肉を食べてもよいのではないでしょうか?

私は普通に肉は食べています。

ウンチの状態が悪くなったら肉を控えるとかしています。肉大好きです;;

それと、砂糖や加工食品も悪いですね。

砂糖であっても、天然由来のものであればそこまで気にする必要はないかと思います。

砂糖を料理に使うにしても精白された白砂糖ではなく、黒砂糖使うとか天然のはちみつを使うか。

お菓子、菓子パンその他添加物沢山の加工食品は基本摂らないほうが良いでしょう。

食事以外では、十分な睡眠。

できれば早寝早起きで質の良い睡眠。適度な運動。といったところでしょう。

シンプルに考えると、腸に優しい食事をするという事。

そのために、ビタミン、ミネラル、食物繊維、酵素を意識して摂る食事をし、腸に負担となる食べ物は極力摂らないようにするという事になるかと思います。

ナチュラルハイジーンを軸にして食事をすれば、まず生活習慣病にかかることはないかと思います。

私もできるところから実践しています。具体的な食事とかも今後アップしていこうと思います。

皆さんも実践してみてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。