慢性炎症、慢性疾患の原因となり得る砂糖の代用品を考える

砂糖(糖質)の過剰な摂取により、糖化し、老化が早まる事は有名な話です。その他にも血糖値の急激に上昇、下降をすることにより健康を害する、そして、ガン予防の観点から言うと、やはり、慢性炎症の危険性は看過できません。

ただ、私自身はあくまでも加工された砂糖(白砂糖)の摂取を極力控えるだけです。例えば、炭水化物、果物、野菜なんかの糖質はほとんど考えずに摂取しています。

こういったモノまで糖質制限をするのは、私は行き過ぎだと思うし長寿郷の主食はもれなく全粒穀物です。

私自身は穀物(糖質)を主食とすることが健康には必須と考えます。

あくまでも、料理やお菓子で使われている、調味料的な糖質(砂糖)を控える事を意識しています。

それで十分だと思っています。

炭水化物はきちんと摂りますが、胚芽大麦、玄米、オートミールと全粒穀物メインです。

料理をするとどうしても、甘みが必要になりますよね。

今まではオリゴ糖だけで良いと思っていました。

しかし、最近わかったのですが、その辺のスーパーで売っているオリゴ糖シロップはオリゴ糖の含有量がせいぜい30%程度という事に気付きました。

原材料「オリゴ糖シロップ」となっていたので、100%オリゴ糖だと思っていました。

しかし、よく見ると100g中の含有量が良くて30g~40g。

含有量が低いものだと100g中10g程度です。

砂糖なんかの添加物は入ってないにしても、オリゴ糖シロップの原材料となっているサトウキビなんかのオリゴ糖以外の糖質を結構な量摂っている事になると思います。

砂糖よりはマシだとしても、ちょっと考えなければいけません。

そこで、ネット上で高純度のオリゴ糖を探してみたらありました。

純度も100%に近い高純度です。

しかし、実際購入してみたら甘みがさっぱりしすぎでちょっとこれだけでは料理に使えない感じですね。

私は甘いものが大好きなので、余計そのように感じるのかもしれません。

オリゴ糖に関していえば、難消化糖類で、血糖値に影響を与えませんし、腸内細菌のエサになり健康に良いので外すわけにはいきません。

熱の影響も受けにくいので、今後も毎日摂取はしてきますけど、高純度のオリゴ糖の他に砂糖の代用品を考えなくてはなりません。

いろいろ、調べてみた結果、現時点で試しているのがエリスリトールとラカンカです。

エリスリトールもラカンカも難消化糖類なので糖質ではありますが、体に吸収させずに排泄されますので実質糖質として体に影響を及ぼす事はありません。

オリゴ糖(イソマルトオリゴ糖は除く)と一緒ですね。

エリスリトールは妊婦が摂取しても問題ないくらいの安全性はあります。

安全面や健康面では全く問題なしと考えて良いでしょう。

エリスリトールも実際に購入して摂取してみましたが、砂糖の70%程度の甘みのようですが、砂糖に比べてやはり甘みが少ないですね。

70%もない感じです。

こうやってみると、体に良くない精製した白砂糖が使われる理由がわかる気がします。

前に甘さが足りないから大量のエリスリトールを料理に入れたら、下痢しちゃいました。下痢なんかほどんどしない私でも下痢をしたので腸が弱い人はエリスリトールで大量摂取は注意が必要です。

次に試したのがラカンカ。

高純度オリゴ糖とエリスリトールに関してはスーパーで売ってないので通販で購入しました。

ラカンカはスーパーで購入したものです。

ラカントSという商品です。

原材料をみるとラカンカとエリスリトールとなっています。そして、甘みは砂糖とほぼ同じ。

実際摂取してみると、確かに砂糖と甘みが近い感じです。

料理で使うならラカントSが一番適しているように思います。

ただ、気を付けなければいけないのが、ラカンカの他に砂糖が混ざっている商品もありますので、材料をきちんと確認しましょう。

また、ラカンカは非常に希少なので、高濃度のラカンカは高価です。

おそらくですが、私が購入したラカントSもですが、ラカンカの含有量は相当低いと思われます。

羅漢果は砂糖の300倍ともいわれています。

その砂糖と同等の甘みという事なので私の購入したラカントSは羅漢果エキスの数%しか入ってないはずです。ほとんどがエリスリトールという事になります。

私は羅漢果を摂るためにラカントSを購入したわけではないし、上述の通りエリスリトールも健康面では良いので羅漢果の含有量は気にしていません。

砂糖の代用として料理にはラカントSを使用し、甘みは期待せずに腸内環境のために高純度オリゴ糖も毎日摂取していこうと思います。

コメントは受け付けていません。