カロリー制限(小食)は今から始めても寿命を延ばす効果あり!

カロリー制限(小食)の実験は生まれたて個体で行われる事がほとんどだと思います。

小食が健康面全般、そして、寿命を延ばす事に効果絶大な事はわかっています。

では、我々が今その事を知ったとして今からカロリー制限、小食、ファスティングをはじめて効果があるのか?という疑問が生じると思います。

結論から言うとカロリー制限、小食はいつから始めてもほぼ同じ効果が得られるという事になります。

ちなみに、カロリー制限、小食の効果をものすごく端的に言うと老化抑止、ガン予防、動物実験では軒並み寿命が1.5倍から2倍程度伸びています。

小食は健康面全般に良い影響を及ぼします。

寿命に関していえば、1日置きに断食するのが一番効果的という事がわかっています。

つまり、1日1食、1日2食を毎日続けるよりも食事をする日はカロリー制限なく食べて、次の日は断食したほうが、さらに寿命が延びる実験結果が出ています。

本題のカロリー制限はいつから始めても効果が得られるという話に戻します。

これに関して、アメリカのベイラー大学のショウジョウバエを使った実験があります。

ショウジョウバエの寿命は大体40日程度だそうです。

生まれてすぐにカロリー制限をしたショウジョウバエの寿命は約50日まで伸びたそうです。

人間の寿命が大体80歳とするとカロリー制限で100歳くらいまで寿命が延びたことになります。

生まれてすぐではなく生後14日後にカロリー制限したショウジョウバエも生まれたてからカロリー制限をしたショウジョウバエと同じく寿命は約50日くらいまで伸びたそうです。

生後22日からカロリー制限をしても寿命は同じく50日くらいまで伸びたそうです。

逆に、生まれたての時からカロリー制限をしてきたショウジョウバエに途中から(生後14日目)カロリー制限をやめたら寿命は40日になったそうです。

このように、カロリー制限は今からやってもの遅くはないです。

また、カロリー制限は継続することが非常に重要になっています。

理想は1日のカロリー摂取量を一般人の7割から6割にして、定期的にファスティングを行うのが最も効果が高いと思われます。

ただ、1つ注意したい事があります。

それは、あくまでもカロリー制限という事です。つまり、栄養素はそのままにカロリーのみを制限という事になります。

栄養素をそのままという事は、ビタミン、ミネラルは十分に摂取している状態と換言出来ると思います。さらに、付け加えると食物繊維や善玉菌も十二分に摂取したいところです。

ウイスコンシン大学で行われた、栄養素をそのままにカロリーだけを70%に制限した有名なアカゲザルの実験があります。

皆さんもこの実験結果の画像は見たことがあるかもしれません。

その画像がこちらです。言わなくても一目瞭然ですがC、Dがカロリー制限をしたアカゲザルです。

通常のエサを与えたアカゲザルは毛はボロボロで動きも鈍く、まさに、老猿そのものです。

しかし、70%にカロリー制限を加えたアカゲザルは動きも俊敏で毛もフサフサ、これらの猿が同い年とは到底思えません。

この実験は17年継続して行われ、アカゲザルの17歳は人間の70歳に相当するそうです。

見た目が若いだけではなく、当然寿命も延びました。

それぞれ38匹で17年間実験をしましたが、カロリー制限無しのグループは38匹のうち14匹が死亡。一方、カロリー制限のグループは38匹中5匹の死亡にとどまりました。

カロリー制限を行ったグループは死亡率が3分の1程度に激減しています。

ガン予防にも効果がある事がわかっています。

この実験で通常食の猿は8匹がガンになりましたが、カロリーを70%に抑えたグループのサルは4匹がガンにかかりました。

70%のカロリー制限によってガン発生が2分の1に抑えられています。

カロリーを70%減らした、たったこれだけの事でこの違いは衝撃的です。

あらゆる、動物実験でも寿命が延びていますし、アカゲザルの実験のように人間に近い猿でもこのように効果が出ています。

人間にもカロリー制限が効果的であることはまず間違いないでしょう。

カロリー制限は非常に重要である事がわかるかと思います。

ただ、忘れてはいけない事は、上述の通り栄養素はそのままというところです。

このサイトでも書いたことがありますが、私は現在1日1食または2食です。3食食べる事はまずありません。

朝食は5年以上食べていません。

栄養素を補うためにサプリメントを飲んでいます。特におすすめなのがミネラルのサプリメントです。

1日1食をやる人は、どうしても、栄養が十分摂取できませんので、良質なサプリメントで栄養補給をする事はありだと思います。

しかし、あくまでも、サプリメントは栄養補助食品という事を忘れてはいけません。基本は食事から栄養を摂ってサプリメントは食事で摂れなかった栄養を補助的に補うという意識が大切です。

中には野菜を摂るのが面倒だからサプリで済ますという人もいます(ちょっと前の私もそうでした;;)。そういったサプリメントの摂り方はおすすめいたしません。

個人的には3食摂るくらいなら、1食抜いて、サプリメントで栄養補給をせずに栄養不足になっても、そっちのほうが健康に良いとさえ思っています。

私の場合は発酵食品、すりおろしの野菜、多くの食物繊維を意識して食事を摂るようにしています。

これらを意識するという事は腸内環境を意識すると言い換えてもよいです。

最近は、常に腸内環境の事を考えて食事をしています。

1日1食か1日2食にすると1食もしくは2食分の食費が浮きます。その浮いた食費を良質な食材の購入に充てれば一石二鳥どころか三鳥にも四鳥にもなります。

今まで1日3食食べていた人は、1食抜くのは、はじめはきついかもしれません。しかし、2週間もすればなれます。

1カ月もすると、3食も食べれないようになるかと思います。

節約にもなるし、健康効果も絶大なので2週間くらい辛抱して小食を試してみてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。