整腸の観点から朝食は摂らないほうが良い

ご飯は3食きちんと摂ったほうが良いという人もいますが、私は朝食を抜いた1日2食か1日1食が良いと思っています。

整腸の観点から考えると

午前4時から昼12時までは排泄の時間。

13時から20時までは摂取と消化の時間。

21時から3時までは吸収の時間。

とするのがベストのようです。

となると、必然的に朝食は摂れない事になります。

朝は排泄の時間なので意識的に水分をとったほうが良いでしょうね。

小便はもちろんですが水分補給は大便も促します。

朝食抜きを推奨する人もこの時間帯は野菜ジュースは飲むという人もいます。

私はこの時間帯は水かお茶ですね。それ以外は一切口にしません。このほうが体調が良いです。

食事中に注意する事は水分は摂らないほうが良いという事です。

水分をとることによって胃酸が薄まりますので消化が悪くなります。当然腸にも負担がかかります。

出来れば食事前1時間、食事中、食後1時間くらいは意識的に水分を控えるのがよろしいかと思います。

それと、ガン予防で重曹を飲んでいる人もいるかと思いますが、重曹もこの時間帯には摂らないほうが良いでしょうね。

重曹は弱アルカリ(もしくは強アルカリ)なので胃酸を弱めてしまい消化が悪くなります。

重曹を飲んでいる人の中にはクエン酸を飲んでいる人もいるかと思いますが、重曹とクエン酸を飲む時間も空ける事が重要です。

重曹とクエン酸を混ぜると炭酸水になるからです。

重曹は21時から3時の間に飲むのが良いでしょうね。

寝る前とか良いと思います。

重曹にはガン予防の効果が確認されています。

重曹のアルカリ性がガンに効くのかもしれません。

なぜ寝る前が良いかというと、癌細胞が増えるのは夜だからです。

夜の時間帯に平熱が下がるのと関係していると思われます。平熱は1日同じではありません。昼間は高く夜は低いです。

ちなみに、夜勤労働者はガン発生率が高いのは体温が低い時、すなわち免疫力が落ちている時にストレスをかけるわけですからガンのみならず様々な病気のリスクが高まります。

ですから、重曹を摂るならガンが増殖するこの時間帯が良いと思います。

それと、1食抜くと内臓への負担が減り消化器系のガン予防には効果が高いそうです。

その点からもどうせ1食抜くなら朝食を抜くのが良いと思います。

今まで3食摂っていた人は、はじめはキツイかもしれませんが2週間もすれば慣れます。

朝食抜きに慣れると今度は3食なんて食べれなくなります。

コメントは受け付けていません。