毎日摂取するものからかえていく

ガンは基本的には生活習慣病と言えるので、癌予防には生活習慣を変える事が必須になります。

タバコをやめる、お酒をやめるなど、中毒性の高いものをキッパリやめるのは非常に困難だと思います。

前にも書きましたが、私はお菓子中毒、砂糖中毒です。

腸内環境を考えると添加物、保存料たっぷりのお菓子は確実に免疫力を下げます。

また、ブドウ糖がエサであるガンは砂糖大好きです。

そう考えるとお菓子、砂糖もタバコ、お酒に匹敵する発ガン物質と言ってよいかもしれません。

実際、癌専門医で食事療法を推奨する先生も砂糖は発ガン物質と位置付けています。

私もきっぱりお菓子をやめる事は困難なので、まずは毎日摂取するものから変えていっています。

毎日摂取するもの、それは米(穀物)と水分です。

白米から無農薬玄米とオーツ麦に替えました。

そして、ジュースを健康茶に替えました。

よく、玄米はまずいまずいと言われますが、そんなことないです。プチプチしておいしいです。

癌患者に玄米菜食をすすめる医者が多いですが、私も玄米はおすすめです。

ただ、白米より農薬が残るので無農薬玄米が良いでしょう。

白米と玄米の大きな違いはミネラル含有量です。

私はガン予防で栄養の観点から考えると一番意識して摂取しなければいけないのはミネラルと考えています。

鉱物ミネラルよりも、植物ミネラルのほうが吸収されやすいので尚更玄米がおすすめですね。

ビタミンに関してはあまり期待していません。熱処理するとどうしても破壊されるビタミンがあるからです。

ただ、江戸時代の江戸では白米を食べるようになってカッケになる人が増えたそうです。

熱を加えても、ある程度ビタミン破壊されず残るのかもしれません。

白米食でミネラル不足になり、ビタミンが働かなくなりカッケになった可能性もあると思いますが・・・。

ビタミンは基本、生野菜からがよいでしょうね。

玄米とオーツ麦は半分半分で炊いています。

オーツ麦に関しても無農薬に越したことはないでしょう。

私も無農薬のオーツ麦を食べています。

そして、健康茶。

普通に緑茶も飲みますが、現在はスギナ茶とビワ茶です。

他のページで効能とか詳しく書きますが、スギナ茶はケイ素を多く含んでいます(ちなみに、オーツ麦もケイ素含有量が非常に多いです)。

ビワ茶はガン予防として世界的に有名です。

タバコ、お酒、お菓子をストレスなくキッパリやめる事ができるのであれば、それに越した事はありませんが、それが難しいのであれば自分が毎日続けられるところからかえてみてはどうでしょうか?

これだけかえるだけでも全然違うと思います。

病気発症にはストレスも無視できません。

タバコ、お酒をやめて、そのストレスで病気になっては元も子もありません。

コメントは受け付けていません。