腸内酵素とは?食物酵素は意味がない?

今、酵素関連の本を読んでいます。この本で腸内酵素という文字が出てきました。

今まで読んだ本には腸内酵素の記載はありませんでした。

初耳です。

また、食物酵素は食物の環境の中で働く酵素なので、そのまま人間の酵素にはならないとの記載がありました。

人間の酵素として消化酵素と代謝酵素があるというところは前に読んだ本と同じです。

今回は腸内酵素と食物酵素について記事を書いてみようと思います。

今まで私の理解は

食物酵素は、その食物に含まれる酵素で自己消化を行います。食物酵素を沢山摂ると食物酵素の自己消化により、消化酵素をあまり使わず済みます。酵素を無駄に使わず代謝酵素に回せるので免疫力その他の機能が活性します。

といった感じです。

しかし、今読んでいる本では「生野菜や果物を体内に取り入れて酵素を補給する」という理論は科学的根拠なしとの事です。

続けて、「酵素はたんぱく質の一種なので、アミノ酸に分解される。そして、酵素として生まれ変わるのはほんの一部」という風な記載があります。

よく読んでみると、この記載は「酵素(食物酵素)はたんぱく質の一種なので、アミノ酸に分解される。そして、酵素(潜在酵素=消化酵素、代謝酵素)として生まれ変わるのはほんの一部」という意味なのかな?と思えます。

食物酵素を摂ったからと言って、直ちに潜在酵素になる科学的根拠はないという理解で良いのかな?と思いました。

食物酵素が重要だと思う理由は自己消化です。これにより潜在酵素を無駄に使わない事が出来ます。

この本には自己消化の記載がないので、やはり上記の理解で良いのかと思います。

よって、現時点では食物酵素の摂取はやはり意味があるし重要な事だと考えます。

仮に、食物酵素に自己消化の効果が無かったとしても、個人的には食前の生野菜の摂取は非常におすすめです。すりおろすとさらに良いです。

肉(消化の悪いモノ)を食べる前に生野菜をすりおろしたのを食べると、腸内環境が良好なままです。

ウンチをしてもティッシュにつかないし、色も黄土色。においもほとんどなしです。

 

追記:現時点では食物酵素はその食物自体の自己消化のみで、他の食物まで消化する事は基本無いという理解です。例えば生野菜を食べたらその生野菜自体の自己消化のみで、その後に食べた肉、その他の食べ物まで、その生野菜の食物酵素で消化することはない。

 

次に、腸内酵素です。

腸内酵素とはビタミン、ミネラルや糖質を使って腸内細菌によって作られる酵素との事です。

腸内酵素は消化酵素では分解できないものを分解して栄養素を取り出したり有害菌の侵入を防いだり数多くの役割りがあるそうです。

ここでも腸ですね。

免疫、浄血、酵素・・・。重要な事はすべて腸が絡んできます。

腸内酵素を増やすためには、腸内細菌の数、つまり善玉菌の数、そして十分な栄養(ビタミン、ミネラル)がポイントになっていきます。

免疫力をアップさせるのにも善玉菌の数が影響してますので、腸内細菌の数の多さはあらゆる場面で非常に重要になってきます。

ただ、問題は腸内細菌は腸内環境を整えていれば常駐するというものではなく、2、3日で排泄されるところです。

前にも書きましたが、ウンチのほとんどは細菌の死骸だそうです。ウンチがでかいと数多くの腸内細菌をいる証ともいえます。

2、3日で排泄される腸内細菌を毎日数多く取り入れるかが重要なカギになるのはいうまでもありません。

前にも記事で書きましたが、そのためには毎日発酵食品を摂るという事です。

発酵食品は植物性乳酸菌なので動物性乳酸菌よりも胃酸に強いので腸まで届きやすいです。

私は小食(1日1食か1日2食)なので毎食発酵食品を食べても腸内細菌の量には不安があります。

だから、サプリメントは欠かせません。

私の飲んでいるサプリメントはすべて天然素材の良質なサプリメントです。そして、胃酸から守って腸まで届くようになっているので効果てきめんです。

サプリメントはピンキリなので良質なのを選んでください。中には添加物、保存料、増粘剤等を使っているサプリメントも多く存在します。

そういった、技術も信念もないサプリメント会社のサプリメントは飲まないほうが健康のために良いと思います。

腸内酵素に関してはもっと調べて詳しく書きたいと思います。

コメントは受け付けていません。