酵素とは何か?人体における酵素の重要性

酵素とは、人のありとあらゆる活動すべての源となるものである。と言えると思います。

酵素には大きく分けてもともと人体にある潜在酵素と外部、特に生野菜と果物から摂り入れる食物酵素に分けられます。

潜在酵素はさらに、代謝酵素消化酵素に分けられます。

それぞれの酵素の働きとしては、

代謝酵素は消化以外のすべての活動に必要な酵素です。

消化酵素は消化器官内で分泌される酵素で、食物を消化するための酵素です。

食物酵素は生の食物に含まれる酵素で消化酵素と同じく食物を消化するための酵素です。食物酵素は食物自体を自己消化することになります。

こうして見ると食物酵素は一部消化酵素の役割も果たせる事がわかります。

潜在酵素は年を取るに従い減少していきます。また、体内で作られますが1日で作れる量には限りがありますので一生で作られる潜在酵素には限りがあります。有限な酵素です。

一方、食物酵素は生野菜、果物を摂れば補う事が出来ます。

ただ、熱に弱く48度以上で死滅してしまいます。だから、野菜は生で摂らないと酵素は補えない事になります。

まとめると、潜在酵素(代謝酵素、消化酵素)には限りがあり、食物酵素には限りがない。そして、食物酵素は一部消化酵素の役割も果たせるという事になります。

ですから、なるべく生野菜、果物を摂取して食物酵素を摂る事が非常に重要になってきます。

なぜなら、有限の消化酵素を使わなくて済むからです。

その使わなかった酵素を代謝酵素に回せる事になります。

代謝酵素は上述した通り消化以外のすべての活動に必要な酵素です。当然免疫力を高めるのも代謝酵素の役割ですし、病気を治したり活動全般に影響を及ぼします。

ガン予防その他の病気予防、そして、癌になった時もこの代謝酵素が重要になってきます。

いかに消化酵素を使わずに代謝酵素に回せるかがカギになるという事です。

それと同時に、体内で作られる潜在酵素がきちんと作られるように十分な栄養を摂ることも重要になってきます。

特によく風邪を引いたりする人は代謝酵素不足の可能性もあります。ですから、意識的に生野菜、果物を摂取し、なるべく消化酵素を使わずに代謝酵素に使えるようにする事をおすすめします。

前に書いた記事で生野菜は食事の一番初めに摂ったほうが良いです。

生野菜の自己消化、それと、野菜、果物は消化が良いので、はじめに食べておけばいち早く腸に届き、肉とかの消化が悪いモノを食べる前に食物繊維等の補充が出来ます。

 

追記—–

野菜、果物には自己消化とは別にタンパク質分解酵素、炭水化物分解酵素、脂肪分解酵素等の酵素があります。

例えば、パイナップル、大根、しょうがなどにはタンパク質分解酵素が含まれています。パイナップルで肉を柔らかくしたりする事がありますが、これはパイナップルに含まれるタンパク質分解酵素の働きで肉を柔らかくしているわけです。

また、サンマには大根おろしを添えますが、これも大根のタンパク質分解酵素(プロテアーゼ)の働きで消化を良くするためです。

特に大根はおろす事により酵素が数十倍もアップします。肉、魚の動物性タンパク質を食べる前に大根おろしを摂ると効果が高いです。

何回も書きますが、酵素は熱に弱いので生食が絶対です。

このように、野菜、果物にはタンパク質分解酵素、炭水化物分解酵素、脂肪分解酵素をはじめ様々な酵素が入っていますが、さらに事前消化力を高めて体内酵素(潜在酵素)の温存のために酵素サプリメントを摂る人が増えています。

確かに、野菜、果物にも含まれていますがキッチリ事前消化までするとなると酵素量的に不十分な可能性もあります。

海外では酵素サプリメントと言えば、タンパク質分解酵素、炭水化物分解酵素、脂肪分解酵素を配合した消化系のサプリメントを指します。

中には代謝酵素をサポートする代謝酵素系サプリメントあります。

酵素サプリメントと食前の野菜の生食で事前消化をきちんとして胃、腸で完全に消化されれ事により未消化物で腸内環境の悪化は防げます。

さらに最小単位まで細かく分解されることにより栄養の吸収も良くなります。

ですから、サプリメントは別としても、どうせ食事で野菜を摂るなら食前に生ですりおろした野菜を食べるようにしたいところです。

コメントは受け付けていません。