デザイナーフーズを意識した食事が重要

ガン予防に関心のある人ならデザイナーフーズピラミッドと言うのを聞いた事がある人は多いと思います。

簡単に言うとアメリカの国立ガン研究所が出したガン予防に効果が高い順にビラミッドで並べた約40食品の事です。

ですから、癌予防のためには、ここに上がっている食材を意識的に摂ることが必要になってきます。

ガン予防に効果が高い食材ですが、同時にここにあがっている食材はほぼ高い抗酸化能力が認められています。

抗酸化もガン抑制に大きく寄与していると言えるかと思います。

私がデザイナーフーズを食事にどのように摂り入れているか書いてみようと思います。

まず、野菜ジュースの材料にするのは、キャベツ、ブロッコリー、セロリ、トマト、ピーマンです。

野菜ジュースは毎日つくるわけではなく、2日に1回くらいです。

また、上記5種類の野菜を毎回すべて入れるわけではないです。

大抵3種類くらいでしょうか。

次は酢の物

酢の物に使う食材はニンニク、ショウガ、玉ねぎ、キュウリ、そして、デザイナーフーズには載ってませんがワカメ、大根です。

ポイントはニンニク、ショウガ、玉ねぎ、大根はすりおろすという事です。

生にんにくはナチュラルキラー細胞の働きを高めると言われているので生がよい。

また、すりおろすことで酵素が数倍になります。

ショウガも生で食べると免疫力が高まりますので、すりおろし。

大根はすりおろす事で酵素が何十倍にもなるそうです。

ワカメもデザイナーフーズには入ってませんが、ナチュラルキラー細胞を活性化させる働きがありますし、ミネラルを摂るために入れています。

この酢の物は酢の物を食べるというよりはすりおろした食材を食べるのが目的と言っても過言ではありません。

酢の物は2日に1回くらいですね。

主食は玄米とオーツ麦を1:1で食べています。

ちなみに、オーツ麦はカラスムギの事です。

もちろん、玄米もオーツ麦も無農薬、無化学肥料のものを食べています。

ふりかけのかわりに毎日ネギ味噌を食べています。

私のネギ味噌の材料は味噌(大豆)、ネギ、すりおろしたニンニク、ショウガです。

発酵食品は熱に弱いのでネギ味噌を作る時を火は一切使いません。

菌も酵素も熱に非常に弱いです。

当然ご飯にのせるわけですから、ほかほかのご飯にはのせません。

ちょっと冷めたご飯です。

味噌汁はあまり食べません。熱で菌、酵素が死滅するからです。

ただ、味噌汁、豚汁を作るときはあります。

その場合は菌も酵素を死んでいるであろう、その辺のスーパーで売っている味噌を使います。

味噌汁で味噌の栄養を摂るつもりはなく、ゴボウ、大根、白菜とかの食物繊維を摂るのが目的ですね。

ネギ味噌で使う味噌は菌も酵素も生きている味噌を使います。

料理によって味噌を使い分けています。

納豆(大豆)も毎日食べています。

そして、普段の飲み物はお茶です。

現在飲んでいるのは緑茶、ビワ茶、スギナ茶、ヨモギ茶です。

これらのお茶をブレンドして飲んでいます。

お茶に関してもお茶を味わうよりは栄養補給が目的なので最後はお茶の葉まで全部食べます。

以上をまとめると、私がデザイナーフーズを意識的に摂るために、

毎日玄米、オーツ麦のご飯にネギ味噌をのせて食べている。

納豆も毎日食べている。お茶も毎日飲んでいる。

野菜ジュースと酢の物は1日置きに交互で摂っている。

といった感じです。

もちろん、すべては摂り切れませんが重要な食材は抑えていると思います。

最後に、デザイナーフーズの中で個人的に特に重要と思う食材を挙げておきたいと思います。

1、味噌(大豆)

2、ニンニク

3、しょうが

4、ブロッコリー

5、玄米

6、オーツ麦

7、トマト

といった感じでしょうか。味噌は断トツ1位と言うくらい重要視しています。

そのうち、きちんとした味噌の記事を書きたいと思います。

コメントは受け付けていません。