ミネラルは植物性ミネラル、水溶性ミネラルがオススメ

体の健康を保つためには十分なビタミン、ミネラルを摂ることが非常に重要になってきます。

よく食事はバランスよく摂りなさいとか1日30品目以上摂りなさいと言われます。

これは数多くの種類のビタミン、ミネラルを十分摂りなさいと言い換える事が出来ると思います。

食事をする目的はビタミン、ミネラルを摂るためと言っても過言ではないと思います。

特にミネラルは性質上体に吸収されにくいと言います。

金属性ゆえに体への吸収は難しいようです。

例が極端すぎますが鉄のネジを飲んでも溶けることもなく、そのままウンチと一緒に出てきますからね。

そこで重要となるのがミネラルをどのように効率よく摂るのか?という事になります。

ミネラルには鉱物性ミネラルと植物性ミネラルがあります。

鉱物性ミネラルは石とかの鉱物に含有しているミネラルで植物性ミネラルとは植物に含有しているミネラルです。

ミネラルを摂るとなると鉱物性ミネラルと植物性ミネラルから摂る事になります。

では、どちらのミネラルを摂ることが体に吸収されやすいか?となると大体想像はつきますが植物性ミネラルです。

植物性ミネラルは植物が根から酸を出して溶かして吸収しています。

溶かして吸収していますのでコロイド状の超微粒子です。

ですから、植物由来のミネラルは吸収率が高いです。

すでに人間の体に吸収されやすい状態になっているからです。

鉱物性ミネラルはどうかと言うと、そのままでは吸入されにくいので熱処理をしたりしてコロイド状にして体に吸収されやすいようにしてサプリメントとして販売されています。

例えば、ケイ素に関してもケイ素濃度の高い鉱物を2000℃の高温で熱して水溶性ケイ素にして体に吸収されやすい形にしています。

植物性ミネラル、そして鉱物由来の水溶性ミネラルがなぜ良いかというと超微粒子のコロイドミネラルであることにより体に吸収されやすいからという事になります。

基本植物性ミネラルを摂ればよいのですが問題は野菜自体の栄養がなくなっているという事です。

一説には農薬、化学肥料を使う前の10分の1程度と言われます。

農薬、化学肥料のおかげで微生物が住めない痩せた土地になり、その土地から栄養を吸収するわけですから当然栄養にも期待できません。

野菜からミネラルを摂るなら無農薬、無化学肥料の野菜で、しかも長期間無農薬、無化学肥料の畑で作った野菜でなければいけません。

長期間無農薬、無化学肥料の畑の非常に重要です。

なぜなら、そういった畑じゃないと土が死んでいるからです。

そのような野菜は探すのが難しいし、そのような野菜は相当高額になると思います。

植物性ミネラルを摂るなら個人的には海藻が良いと思います。

ただ、海洋汚染は気にしないといけません。

海藻は塩のミネラルを吸収している植物性ミネラルです。

ちなみに、塩は鉱物性ミネラルに属すると思いますので塩に含まれているミネラルは人体への吸収率はあまりよくないと思われます。

しかし、動物の進化の過程を見ると塩は非常に重要だと思います。

人体の及ぼす解明されていない塩の効能は必ずあると思っています。

現在、減塩ブームですが天然、自然の塩は積極的に摂るべきだと思います。

まとめると、

ミネラルはコロイドミネラルが吸収率が高い。

コロイドミネラルとは植物性ミネラルと水溶性ミネラルである(植物性ミネラルも水溶性ミネラルと言ってよい)。

植物性ミネラルを摂るなら無農薬、無化学肥料でしかも長期間農薬、化学肥料が使われていない肥沃な畑の野菜から摂る。

または海藻から摂る。

十分なミネラルが摂れない時は水溶性ミネラル、植物性ミネラルのサプリメントで補う。

という事になるかと思います。

ちなみに、現在(2019年5月)の私の場合は野菜は普通にスーパーの野菜です。

正直栄養価には期待していません。

理想の野菜を探すのは難しいですからね。探せても高いし。

食物繊維を摂るために野菜を食べてオマケでビタミン、ミネラルが摂れればいいと割り切っています。

海藻はワカメ、昆布を中心に酢の物で摂っています。

ただ、海洋汚染の問題も看過できないので2日に1回程度食べているだけです。

私は1日1食か2食なので当然ミネラルを摂り切れませんので植物性ミネラルのサプリメントで補っています。

現在はこんな感じですが今後はどうなるかわかりません。

コメントは受け付けていません。